乾燥性敏感肌に絶対に欠かせない保湿成分とは?

突然ですが、以下の項目に当てはまるのはありますか?

・いつも付けている化粧水がしみてヒリヒリする。
・汗をかくと肌がかゆいなど違和感がある。
・服の素材によって、肌がチクチクする。
・乾燥して粉がふいたり、皮めくれがある。
・洗顔後や入浴後、肌がつっぱる。
・ストレス過多や寝不足だと感じる。
・メイクやファンデーションでヒリヒリする。
・アイメイクが目に入っていなくても目がしみる。
・寒い時期、風にあたると赤くなる。
・紫外線にあたると急に赤くなる。

以上の項目に当てはまるものが多ければ多いほど乾燥性敏感肌の可能性が高いです。いや、むしろ1つでも当てはまれば乾燥性敏感の可能性があります。

前回のブログでは、乾燥を防ぐためには化粧水、乳液、クリーム、を使ってしっかり保湿することと書きました。スキンケアによる乾燥性敏感肌対策は、刺激を与えない、しっかりと保湿する、この2つが重要となります。

では、どのような化粧水、乳液、クリームがいいのでしょうか?敏感肌の原因は、この角質層に含まれる3つの保湿成分、細胞間脂質(セラミド)・NMF(アミノ酸・ミネラル)・皮脂膜(馬油・レシチン)が減少しお肌のバリア機能が弱まった状態のことなんです。

つまり、角質層に保湿成分である細胞間脂質(セラミド)・NMF(アミノ酸・ミネラル)・皮脂膜(馬油・レシチン)の3つの成分が満たされていれば、お肌は正常なバリア機能を取り戻し、敏感肌や乾燥肌に悩む必要は無くなるのです。このバリア機能を正常な状態に戻さなければ、いくら保湿してもどんどんその水分は蒸発し、外からの刺激によって、カサカサ肌・かゆみ・ほてり・ひりつきなどの症状を引き起こしてしまいます。

ですので、細胞間脂質(セラミド)・NMF(アミノ酸・ミネラル)・皮脂膜(馬油・レシチン)が含まれている成分が含まれた化粧水を使用すればいいです。

薬局で売っている化粧水でも、成分表は必ずと言っていいほど書いていますので、チェックするといいでしょう。

乾燥性敏感肌を卒業するぞ!

こんにちは、30代後半の主婦兼OLのユキといいます。歳を重ねるほど肌の悩みが出てきますよね。シミ、しわ、毛穴の黒ずみ、たるみ、くすみ、乾燥、ツヤのなさなど。私も20代の頃に比べ、年齢が上がるにつれて、肌の悩みが局所的なものから肌全体の質感に変化している気がします。今の悩みは乾燥性敏感肌です。

乾燥性敏感肌とは、簡単にいうと乾燥肌と敏感肌の2つの肌質をもち合わせています。敏感肌の定義は、炎症を起こしやすく、ときどき化粧品がしみたり、合わないと感じる肌です。乾燥肌は皮脂分泌量が少なく、保湿ケアを怠ってしまうと、さらに乾燥してしまう肌です。

人の肌はバリア機能が働いているため、外部からの刺激から守るようにできています。そのため、ほこりや雑菌、花粉などからも刺激を受けないようにできているのですが、乾燥性敏感肌の人はこのバリア機能が正常に働いていません。そのため、壊れたバリア機能の隙間から刺激が入り込みやすく、反応してしまうのです。また、バリア機能が低下しているため、乾燥しやすくなってしまうのです。

乾燥性敏感肌の具体的な症状は、かゆみ、赤み、ヒリヒリ感、などです。乾燥性敏感肌の最初のきっかけは肌の乾燥ですが、これを放置してしまうことで肌がますます乾燥しこれらの症状が引き起こされます。乾燥性敏感肌は「かゆみ→掻く→赤くなる→皮がむける→しみる」を繰り返している状態。この時点で適切なケアをして角質を整えられれば良いのですが、いつも通りのスキンケアを続けてしまうと容易には抜け出せない乾燥性敏感肌に移行するのです。

乾燥を防ぐためには化粧水、乳液、クリーム、を使ってしっかり保湿します。セラミドやプラセンタが含まれるものが効果的です。早く乾燥性敏感肌を卒業するぞ!